スリップウェア体験に行ってきました。

①

7月 13 スリップウェア体験に行ってきました。

少し前ですが、5月のゴールデンウィークに、うつわのスリップウェアの体験に行って来ました。

スリップウェアとは??

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんので簡単に説明しますと、

古くからヨーロッパなど世界各地で用いられた技法で、

うつわの表面に水と粘土を混ぜた「スリップ」と呼ばれる化粧土で模様を描くのが特徴です。

スリップが液体の状態で、素焼き前の素地に筆やスポイトなどをつかって模様や絵を描いていきます。

さらに、櫛など棒状のものでひっかいたりすると、独特の模様を描く事ができます。

焼きあがった完成後は、スリップで描いた部分は盛り上がって、素地とは違う色の模様が浮かび上がり、

表情豊かなうつわとなります。ひとつひとつ、手で描いていくので同じものは決してなく、

模様を比べながら選ぶのもまた楽しみとなります。

 

さて、実際に体験です。

当日は屋外で、机を出して陶芸家の方に教えてもらいながら一人ずつスリップをつかって模様を描いていきます。

大勢に見られながらの体験は大変緊張しました。。

まずは木の板で練習です。あれこれ模様を考えてみましたが、1枚だけなので失敗したくないという

思いもあり、シンプルな模様を描いていきます。

②

いざ本番。線をスタートさせたら考えずに一気に描きました。

③

横の模様に対して、縦に竹櫛でスーッと線を入れました。あっという間でしたが、何とかできました。

④

 

そして、6月も中旬を過ぎたころ、出来上がりのお知らせをもらい、受け取りに行きました。

仕上がりは、こんな感じです。

⑤

プロの方に仕上げて頂き、想像以上の出来栄えに感動しました。

やっぱり自分の手でものをつくるっていう喜びは格別だな、改めて実感した一日となりました。
住宅営業グループ 設計 K.F