アップルの中のもう一人の天才 | クチーナブログ - オーダーキッチンのCUCINA
16824
post-template-default,single,single-post,postid-16824,single-format-standard,bridge-core-1.0.5,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-18.1,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.2,vc_responsive

アップルの中のもう一人の天才

こんにちは、今回は私が今読んでいる本の紹介をしたいと思います。

画像1

『ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー』

この本はアップルの最高デザイン責任者であるジョナサン・アイブの半生を綴ったもので、彼がいかにアップルの製品を通して世界のインダストリアルデザインに影響を与えてきたのかがよくわかる内容となっています。

 

アップルの人間といえばまず初めにスティーブ・ジョブスが思い浮かぶかと思いますが、iMac、iPod、iPhone、iPad、現在の我々の生活の中で当たり前になっているデバイスはJ・アイブの指揮するデザインチームから生まれました。

彼自身、あまり目立とうとする性格でない為、世間的な認知度はそこまで高くありませんが、彼の存在がアップルを今日の大きさまでに成長させた重要な存在であったことが本著でよく語られています。

 

特に興味深かったことをひとつ紹介します。

 

・人とパソコンの距離を縮める為にハンドルをつける

まだ一般家庭に今ほどパソコンが普及していない時代、アップルはライトユーザーの為のiMacを開発し、その鮮烈なカラーバリエーションは小さかった私にも凄く印象的でした。

CHI A

J・アイブはまだ一般のユーザーにとって、パソコンは難しく簡単に壊れてしまうのではないかという心理的な距離感があると感じ、iMacの上部に一体型のハンドルを組み込みました。このハンドルは持ち運ぶ際の機能性以上に、パソコンは手に持って触れても大丈夫なのだとユーザーとパソコンの距離グッと縮めるアイコンにもなりました。

画像3

(本体上部後方にある白い円形の部分がハンドルです。)

こういった問題に対する着眼と、それに対する答えの温かさを私自身も商品開発の際に生かしたいと思いました。

機会があればぜひ手に取って読んでもらえればと思います。

 

クチーナ企画開発 葛岡

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA