遺跡、見てきました。 | クチーナブログ - オーダーキッチンのCUCINA
16841
post-template-default,single,single-post,postid-16841,single-format-standard,bridge-core-1.0.5,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-18.1,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.2,vc_responsive

遺跡、見てきました。

こんにちは。梅雨ですね。

雨の休日は、ゆっくりショールーム見学はいかがでしょう。。
さてさて先日、カンボジアのアンコール遺跡群へ行ってきました。

この遺跡群はユネスコの世界遺産にも登録されている
およそ、9世紀から14世紀につくられた、王朝の遺跡郡。

今回はシェムリアップという街に宿泊し、
周辺の様々な遺跡を巡ってきました。

こちらはその中でもあまりにも有名なアンコールワットです。

1

クメール語で「王都の寺」という意味だそうで、
アンコール王朝の建築技術と芸術の最高峰として
名高い遺跡です。

時間帯によって様々な表情に変わるお堀越しの遺跡。
どの姿にも圧倒されます。

早朝は日の出とともに、建物のシルエットが現れ、、、

2

夕方は夕日に照らされて、建物全体が黄金色に。

3

中の壁面は、緻密なレリーフで、物語や女神様が
刻まれています。なんとも感動的な光景でした!!

4

5

他にもたくさんの遺跡があり、
急ぎ足でめぐってきたのですが、、
なかでも一番気に入ったのは、ベン・メリアという遺跡。

6

密林の中にひっそりとある遺跡で、
修復の手がほとんど入っていないため、
遺跡の倒壊がそのまま残っていたり、、、
苔や熱帯樹に覆われていて、
それがなんともいえない雰囲気を醸し出していました。

7

か、かっこいいんです。。。。

アンコール遺跡で観光地として栄えた
シェムリアップの街は、レストランやおみやげ屋さんも
充実していて、うっかり散財しました。

8

9

そんなこんなで
当時の方々のいい仕事っぷりに魅せられ
歴史を感じた旅となりました。

わたしも、いい仕事するぞ!

企画開発部 渡邉

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA