山手の丘のクリスマス | クチーナブログ - オーダーキッチンのCUCINA
17003
post-template-default,single,single-post,postid-17003,single-format-standard,bridge-core-1.0.5,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-18.1,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.2,vc_responsive

山手の丘のクリスマス

日に日に寒くなる12月。
街中がクリスマスディスプレイで彩られ、散歩するのが楽しい季節です。

先日外国人居留地の面影が残る横浜山手で西洋館めぐりをしてきました。

12月1日(火)~25日(金)の間、世界のクリスマスをテーマに
7つの西洋館が各国のクリスマスディスプレイを展示しています。
しかも無料で見学できるんです!

今回はイタリア山庭園にある外交官の家とブラフ18番館をご紹介させて頂きます!

写真①

外交官の家は明治43(1910)年に明治政府の外交官・内田定槌邸として
アメリカ人建築家J.Mガーディナーの設計によって建てられました。

平成9年に横浜山手に移築され国の重要文化財に指定されるまで
弊社東京ショールームのほど近く、渋谷区南平台にあった建物です!

写真②

クリスマスディスプレイのテーマ国は東ヨーロッパのウクライナです。

写真③

ウクライナではクリスマスイヴは祖先がやって来る日と考えられています。
ダイニングテーブル中央のワラの飾り物はご先祖様を表しています。

写真④

リビングルームはウクライナの伝統的なウールの織物を使ってあたたかい雰囲気です。

写真⑤

サンルームの窓は雪の結晶のデザイン。
クリスマスらしい演出です。

写真⑥

ブラフ18番館は大正末期に建てられた外国人住宅で、
カトリック山手教会の司祭館として平成3年まで使用されていました。
白壁にグリーンの窓枠がかわいらしい建物です。

写真⑦

クリスマスディスプレイのテーマ国はフランスです。
ダイニングテーブルはグリーンを中心とした洗練されたディスプレイです。

写真⑧

ダイニングボードもグリーンとキャンドルでクリスマスらしい演出です。

写真⑨

クリスマスツリーの下にはたくさんのプレゼント。
フランスではクリスマスは家族みんなで食卓を囲んで
大人も子供もプレゼント交換をして楽しみます。

写真⑩

写真⑪

窓枠が美しいサロン。
テーブルのディスプレイもシックな雰囲気です。
西洋館めぐりではさまざまな国の文化に触れられると同時に
ディスプレイのヒントも見つかります!

皆様もクリスマスディスプレイでいつもの食卓を
ちょっと特別で楽しい空間へと変化させてみてはいかがでしょうか?

皆様にとって素敵なクリスマスとなりますように…
ショールーム 二宮 留美

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA