目的地は入り口 | クチーナブログ - オーダーキッチンのCUCINA
17054
post-template-default,single,single-post,postid-17054,single-format-standard,bridge-core-1.0.5,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-18.1,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.2,vc_responsive

目的地は入り口

写真①
ここは羽田空港です。
旅行ではありません、観光です。
と、いうことで空港に行ってまいりました。
なぜ羽田空港かというと単純に行ってみたかったからです。
羽田空港の正式名称は東京国際空港、日本初の民間航空専用空港「羽田飛行場」として

1931年に開港して以来、その名の通り年間約6,670万人もの人々が国境をまたいで

往来する言わずと知れた日本の玄関口です。
写真②
ここでは飛行機への搭乗だけでなく店舗も豊富でショッピングや飲食を楽しむこともできます。
羽田空港では第1ターミナル、第2ターミナル、国際線ターミナルの3つのターミナルがあり、

それぞれは無料連絡バスで移動できます。
中でも国際線ターミナルは2010年に竣工し、国際線の運行が大幅に増加しました。
今回はその国際線ターミナルを主に散策してみました。

 
まずは3階の出発ロビーです。
ターミナルの建物は近代的なデザインで波・風を表現しているそうです。
写真③
写真④
そして出発ロビーからエスカレーターで4階に上がると一変、

江戸時代にタイムスリップしたような空間が広がります。
写真⑤
この空間は和と江戸をテーマに日本の伝統的な建築様式である数寄屋建築などの木造建築において

日本有数のつくり手の京都の中村外二工務店が手がけ、江戸小路と呼ばれています。
写真⑥
写真⑦
写真⑧
江戸小路に並んだ建物にはヒノキや杉などの天然木材が使用され、

それぞれ職人の手による伝統的な技術で丁寧につくられています。
今の状態でも充分に素晴らしい空間ですが、年月が経つほど自然素材の風合いを見せるのではないでしょうか。

 

また夜には第2ターミナルの展望デッキがオススメです。
こちらには「星屑のステージ」と呼ばれデッキに約4,000個のLED照明が埋め込まれた空間が広がります。
チェッカーズではありません。
写真⑨
滑走路の光と併せて幻想的なイルミネーションを楽しむことができます。

 
様々な国籍の方々が往来する国際空港。
近年では海外出身のお客様のお宅を伺う機会も増えてきました。
人種も様々で多様化した現代のニーズに応えた住まいづくりに、

私たちもCUCINAのキッチンを通して貢献していきたいと思います。

 

そんなわけで羽田空港は1日ではとても回りきれないほど楽しめる施設が充実していました。
みなさんも経由地としてではなく目的地として空港を満喫してみてはいかがでしょうか。
写真⑩

 

 

松藤

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA