「こだわりのウォールナット空間」 | クチーナブログ - オーダーキッチンのCUCINA
17705
post-template-default,single,single-post,postid-17705,single-format-standard,bridge-core-1.0.5,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-18.1,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.2,vc_responsive

「こだわりのウォールナット空間」

 

皆様こんにちは。

はじめまして、クチーナ横浜です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

横浜ショールームは、横浜駅より徒歩約10分のところにあります。

1フロアのショールームで、一段上がった一角に「ウォールナット」を基調としたスペースがあります。

このスペースは広さ約10.5畳でダイニングキッチンを実際に体感できるスペースとなっております。

今回はこちらのスペースの紹介をしたいと思います。

まず、ウォールナットとは、チーク・マホガニーと共に世界三大銘木と言われています。

木肌が美しいことが特徴で、深く暖かみのある色は空間を引き締め、高級感を演出し、

家具や内装材としても大変人気のある樹種です。

天然木突板のウォールナットをキッチンとバックセットに使用し、

フローリングもウォールナットにしました。

 

キッチンは作業スペース側をウォールナット、ダイニングスペース側はカラーと木目をミックスしています。

素材やカラーの組み合わせはカスタマイズフリーだからこそ出来る楽しみ方です。

バックセットは家電を隠し、扉をみせる収納としています。

扉同士の木目が繋がっているので、まるで1枚板のような高級感がありますね。

キッチンスペースだけではなく、ダイニングスペースのTVボードも合わせて作りました。

扉面材にキッチンと同じウォールナットを入れる事で、繋がりを感じられるダイニングキッチンになりました。

 

ダイニングテーブルはインテリアショップSouks(スーク:http://www.souks.jp/)で取り扱いをしている、

cattelan italiaのSpyder Wood-Sです。

交差した特徴的な脚を持つテーブルで、天板はウォールナットを選びました。

 

今回はウォールナットでまとめる事で、モダンな高級感のあるダイニングキッチンを作りました。

 

私たちはキッチンを設備ではなく、インテリアの一つとして考え、

キッチンから始まる理想の空間づくりのご提案をいたします。

是非、お気軽にショールームまでご来場ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

クチーナ横浜

 

 

*CUCINA Kitchen*

扉:ウォールナットフォクス

一部     ブライト ディムグレー(ダイニング側)

無垢材 アッシュナチュラル(ダイニング側)

ブライト シルキッシュアイボリー(バックセット)

天板:クォーツストーン ドラダス

 

 

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA