CUCINA Story 04「部屋に光を呼びこむグレージュのキッチン」 | クチーナブログ - オーダーキッチンのCUCINA
18835
post-template-default,single,single-post,postid-18835,single-format-standard,bridge-core-1.0.5,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-18.1,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.2,vc_responsive

CUCINA Story 04「部屋に光を呼び込むグレージュのキッチン」

CUCINAのキッチンをご採用いただいたお客さまの素敵なご自宅を紹介する連載企画「CUCINA Story」

story04でご紹介するのは、横浜市にご夫婦でお住まいのS様邸です。

無垢の木のテーブルにざっくりとした布を貼ったソファ、家具も床も木の質感がふんだんに使われたシックな住まいは、
築10年のマンションリフォームで実現しました。共に仕事をもつお二人は、キッチンがオープンになってからより家事の分担がしやすくなったそうです。

「インテリアでも人気のある微妙なグレージュのトーン。家具感覚のキッチンだからこそ実現できました。」と奥様。

当初から「キッチンをインテリアになじむ色にしたかった。」と希望されていた奥様が選ばれた扉材は、クレイブラウンというわずかに赤みがかったグレイです。オリエンタルな雰囲気もかすかに加えたかったそうで、この色はお手持ちのクロスや食器とも相性が抜群でした。

仕上げとしてはマットも考えましたが、部屋全体のバランスを考えて輝きのあるものを入れては、という設計側のアドバイスを取り入れ、つやのある仕上げに。つややかな扉が室内の景色を映しこむ、華やかなキッチンになりました。

ワークトップはつやのあるホワイト系のクォーツストーンに。こちらもキッチンが明るくなった理由のひとつです。「キッチンは奥まった位置なのに、光を呼び込む存在になりました」と奥様。また、

「扉材の色や質感はサンプルだけではなく、ショールームの広い空間で見ることをお勧めします」

とのこと。

ダイニング側の収納の内部は木目仕上げ、食器がゴージャスにみえます。白いモダンな器から九谷焼、オリエンタル調の紋様の食器などさまざまなデザインに映えます。

LDKから玄関に向かう廊下にスリムな収納をキッチンとお揃いでオーダー。間に扉があり、仕上がりが難しい部分でしたが、すっきりまとまりました。

愛用のまな板を収納できるボードラック、その隣にはドイツ・ガゲナウの食器洗い機を。キッチンをいつでもすっきりと片付いた状態にしておきたいというご希望からこれらを備えました。

キッチンの前にはご主人がくつろぐスペースがあり、趣味の映画や演劇を楽しまれます。夫婦の時間がより深いものになる、そんなリフォームになりました。

インテリアになじむ存在でありながら、光を部屋に呼びこむグレージュのキッチン

いかがでしたでしょうか。

理想のキッチンを具体的にイメージすることはなかなか難しいですよね。CUCINAのInstagramでも施工事例を多数ご紹介しておりますので、ぜひご参考にしていただけましたら幸いです。

またショールームでは、キッチンや洗面台の展示に加え、扉や天板などたくさんのサンプルをご用意。プランニングやインテリアに関するご相談をお伺いしております。現在ご予約制にてご案内をさせていただいておりますので、お近くのショールームまでぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら

キッチンスペック

〔扉材〕 ブライト/クレイブラウン
〔天板〕 クォーツストーン/シーザーストーン コスモポリタンホワイト
〔シンク〕 中外交易
〔混合栓〕 三菱ケミカル 浄水器一体型
〔食洗機〕 ガゲナウ
〔クックトップ〕 リンナイ
〔オーブンレンジ〕 リンナイ
〔レンジフード〕 アリアフィーナ

マンションリフォーム
〔リフォーム設計・施工〕 住友林業ホームテック

No Comments

Post A Comment

CAPTCHA